29. 12月 2012 · 認知症 薬を使わなくても接し方を気を付けるだけでも違う はコメントを受け付けていません。 · Categories: 病気のない健康な暮らし

認知症 薬を使わなくても、周囲の人が認知症 接し方を気を付けるだけでもずいぶん結果は違ってくるのものです。

最近の記憶はすっかりダメになってしまっても、若いころのことや昔のことを覚えている人は多いものです。

それを利用して、ボケた人をうまく認知症 接し方で介護しているのが、グループホームです。

その間、家族が休めることが大きな目的ですが、6・7人の痴呆老人を集めて、一週間ぐらいいっしょに暮らしてもらうのです。

真ん中に囲炉裏を置いて、ケアする人がご飯なども作る。そうすると、ボケの進んでいるおばあちゃんでも、昔を思い出してちゃんと手伝いができたりするものです。

そういった知覚的な刺激を使った治療は、認知症 薬にも勝ることがあります。

Comments closed.