24. 4月 2013 · ワキガの手術で使われる方法 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 病気のない健康な暮らし

ワキガ 手術で使われる皮下組織吸引法(超音波法)は、エステサロンや美容外科で行う脂肪吸引と同じように、吸引器でアポクリン腺を吸出する方法だそうです。

切開する部分も小さくて体への負担は少ないのですが、この方法の難点はアポクリン腺が完全に除去されたか判断できないこと、腺根が残っていた場合、再発する可能性があることだそうです。

またこの方法では、発汗量を減らすことはできないということです。

直視手術法は、その名のとおり医師が直接、手術する部位を見ながら、自分の手で行うものです。このうち剪除法は現在、最も多くの病院で行われている方法です。

皮膚はそのまま残して皮下組織だけを切除する方法で、アポクリン腺と皮脂腺をかき取ります。術後は皮膚の固定が必要で、アポクリン腺がまばらに残ってしまう場合があるとのことです。

参考サイト: ワキガ 手術 http://beautyful-health.com/archives/221

アポクリン腺を皮膚と脂肪層から完全にはがすのが直視下剥離法です。汗腺の摘出がスムーズで、取り残しがなく再発の心配はないそうで、傷あとも術後6ヵ月もすれば目立たなくなるとのことです。

ただし切開口がやや大きく、傷あとが目立ちやすいというデメリットがあるようです。

どの方法にも一長一短がありますので、事前に十分に医師と相談し、自分自身が納得できる治療法を選択することが大切でしょうね。

26. 1月 2013 · 糖尿病 症状は食事などの生活習慣で十分変えることができる はコメントを受け付けていません。 · Categories: 病気のない健康な暮らし

糖尿病 症状は食事などの生活習慣で十分変えることができます。

習慣というのは、ストレスを感じないために持続できることともいえます。逆に、習慣を変えたり、打ち消すには大きなエネルギーが必要で、少なからぬストレスも伴います。

生活習慣病のこわさはそこにありますが、また、その克服法も実はそこに潜んでいるのです。

「血糖値を下げる食事の回数や量を減らすよう努力しましょう」というスローガンだけでは、何も解決しません。

なぜ食べ過ぎてしまうのか本人が気づき、その原因を本人自身が解消できるように、自らの行動を変えていくことが生活習慣改善の基本となります。

29. 12月 2012 · 認知症 薬を使わなくても接し方を気を付けるだけでも違う はコメントを受け付けていません。 · Categories: 病気のない健康な暮らし

認知症 薬を使わなくても、周囲の人が認知症 接し方を気を付けるだけでもずいぶん結果は違ってくるのものです。

最近の記憶はすっかりダメになってしまっても、若いころのことや昔のことを覚えている人は多いものです。

それを利用して、ボケた人をうまく認知症 接し方で介護しているのが、グループホームです。

その間、家族が休めることが大きな目的ですが、6・7人の痴呆老人を集めて、一週間ぐらいいっしょに暮らしてもらうのです。

真ん中に囲炉裏を置いて、ケアする人がご飯なども作る。そうすると、ボケの進んでいるおばあちゃんでも、昔を思い出してちゃんと手伝いができたりするものです。

そういった知覚的な刺激を使った治療は、認知症 薬にも勝ることがあります。

11. 11月 2012 · 耳鳴り 症状を薬で安易に治そうとするのは危険 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 病気のない健康な暮らし

耳鳴り 症状を薬で安易に治そうとするのは危険です。まずはかかりつけの薬局を持つと安心でしょう。

特に複数の医療機関にかかっている場合、それぞれの医療機関の近くの薬局で薬を調剤してもらうという人も少なくありません。安全面を考えれば、薬はすべて一か所の薬局で調剤してもらうのが理想ですが、現実にはなかなか難しいかもしれません。

耳鳴り 薬を探す時でも、最近では、基準薬局といって患者さんの薬歴を管理し、市販薬も含めた重複による作用などをチェックする薬局も多くなっています。

耳鳴り 症状も細かく聞いてくれるような薬局を、かかりつけ薬局として持ち、ほかの病気で処方されている薬もすべて見せ、遠慮なく耳鳴り 薬を相談できるようにすると安心です。